Amazon Rekognition Video は、S3に保管されたビデオやライブビデオストリームに対して、スケーラブルなコンピュータービジョン分析を可能にする新しい動画認識サービスです。R アマゾン ウェブ サービス(AWS)は動画の中の顔や動作を分析できる「Amazon Rekognition Video」など、深層学習を活用した複数のサービスを発表した。 This analysis is written to the Amazon Kinesis Data Stream. A working prototype for capturing frames off of a live MJPEG video stream, identifying objects in near real-time using deep learning, and triggering actions based on an objects watch list. For each record written to the Kinesis data stream, the lambda function is invoked. Documents obtained by the ACLU of Northern California have shed new light on Rekognition, Amazon’s little-known facial recognition project. A typical use case is when you want to detect a known face in a video stream. Amazon Kinesis Video Streams Amazon Kinesis Video Streamsを利用したことはなかったのですが、動画のストリーム、保存、分析向けのユースケースで活用できるストリーミングデータを取り込むためのマネージドサービスということらしいです A frame record that's sent to a Kinesis data stream contains information about which Kinesis video stream fragment the frame is in, where the frame is in the fragment, and faces that are recognized in the frame. Amazon Rekognition Video と連携する • Kinesis Video Streams のコンシューマーと して Amazon Rekognition Video を使用して 動画ストリーム内の顔を検出・認識できる • 予め Rekognition Video に覚えさせておいた 既知の顔を検出すること Amazon Rekognition Video: ディープラーニングベースのビデオ認識 【速報】Amazon Rekognition Videoが登場! #reinvent さて、僕はこれまでAmazon Rekognitionを様々な不適切コンテンツに利用してきました。 Amazon Rekognitionの Amazon Rekognition Video doesn't analyze every frame that's passed to it through the Kinesis video stream. 今回は画像分析サービスのAmazon Rekognitionを使用してKinesis Video Streamが受信した動画の中からAmazon S3にアップロードした顔画像を検知させてみました。下記の記事を参考にしています。 ・ Amazon Kinesis Video 概要 CloudFormation スクリプトの Outputs が表示される場所の例: aws rekognition create-stream-processor --region us-west-2 --cli-input-json file://, aws rekognition start-stream-processor --name streamProcessorForBlog --region us-west-2, コマンドをご覧いただくと、ストリーム名がストリームプロセッサを作成するのに使用した JSON ファイルの名前と一致するのがおわかりいただけるはずです。, aws rekognition list-stream-processors --region us-west-2, このブログでは次の場所にある AWS Labs GitHub リポジトリの標準 Amazon Kinesis Video Streams Producer SDK を使用します。, https://github.com/awslabs/amazon-kinesis-video-streams-producer-sdk-cpp#building-from-source, リポジトリには Kinesis Video Stream に書き込むための方法が複数含まれます。 これらには皆さんの Mac または PC のウェブカム、Raspberry Pi プロジェクト、その他のメソッドを使用するネイティブ SDK である gstreamer アプリケーションが含まれています。, 私たちはソースからリポジトリのネイティブセクションを構築していきますが、このブログ記事用にはウェブカムを使用する gstreamer アプリケーションを活用します。これを実行するために Raspberry Pi や他のメソッドを使用する必要はありません。, まず、ネイティブプロジェクトを構築する前に、すべての事前要件が満たされていることを確認してください。ネイティブプロジェクトの構築後、次の環境変数を設定します。, 。/kinesis_video_gstreamer_sample_app LiveRekognitionVideoAnalysisBlog, 注意: デフォルトリージョンが us-west-2 に設定されます。 このブログ記事で使用するリージョンとは別のリージョンをご使用になる場合は、リージョン変数も設定する必要があります。, CloudFormation スクリプトを開始すると、SNS サブスクリプションの一部で入力したメールアドレスが自動的に使用されます。次のような確認メッセージが表示されます。, 次のクリーンアップを実行すると Rekognition ストリームプロセッサを停止し、このブログ記事中で作成した全コンポーネントが削除されます。, aws rekognition stop-stream-processor --name streamProcessorForBlog --region us-west-2, aws rekognition delete-stream-processor --name streamProcessorForBlog --region us-west-2, aws rekognition delete-collection --collection-id rekVideoBlog --region us-west-2, 「LiveRekognitionVideoAnalysisBlog」ビデオストリームを選択し、[Delete] (削除) を選択します。, CloudFormation コンソールに移動し、RekognitionVideoBlog を選択します。 [Actions] (アクション) ボタンを選択し、スタックを削除して確認します。, サーバーを全く介することなく、リアルタイムのライブビデオフィード、顔分析、通知システムを構築しました。Amazon Kinesis Video Streams を使用すると、分析、機械学習 (ML)、およびその他の処理のために、接続されたデバイスから AWS へ動画を簡単かつ安全にストリーミングできるようになります。, Ben Snively は AWS パブリックセクタースペシャリストソリューションアーキテクトです。 同氏は、政府機関、非営利団体、教育機関のお客様のビッグデータ/分析や AI/ML 分析プロジェクトに協力して、AWS を使用するソリューションの構築を支援しています。, https://docs.aws.amazon.com/cli/latest/userguide/cli-chap-getting-started.html, 次に、コマンドラインで AWS CLI を使用し、このブログ用の顔コレクションを作成しましょう。, 続いて、先程作成したコレクションに顔を追加しましょう (あなたの写真を使用してください)。, 次に、接続するウェブカム用の Kinesis Video Stream を作成します。, 次のように list コマンドを実行することで、ストリームプロセッサが実行中の状態かどうかを確認できます。. 先日AWS re:Invent 2017で発表されたAmazon Rekognition VideoとAmazon Kinesis Video Streams。今回はRekognitionのドキュメントにあるWorking with Streaming Videosに則って、Amazon Kinesis Video Streamsの映像をAmazon Rekognition Videoで解析してみたいと思います。, [ロールの作成]画面で[AWSサービス]-[Rekognition]を選択し、[アクセス権限]ボタンをクリックします。, [アタッチされたアクセス権限ポリシー]画面で[AmazonRekognitionServiceRole]が表示されていることを確認し、[確認]ボタンをクリックします。, [確認]画面で[ロール名]を適当につけて、[ロールの作成]ボタンをクリックします。, 検出させたい顔を決めます。まず、Rekognitionと同じリージョンのS3バケットに顔画像ファイルをアップロードします。, 次に、index-facesで顔画像ファイルから顔を検出し、コレクションに蓄積します。, Kinesis Video Stream管理画面で[Kinesisビデオストリームを作成する]ボタンをクリックします。, [ストリーム設定]画面で[ストリーム名]を設定し、[ストリームの作成]ボタンをクリックします。, 今回の仕組みでは、Kinesis Video StreamのデータをRekognition Videoが解析します。その解析結果を受け取るKinesisのData Streamを作成します。, Kinesis Data Stream管理画面で[Create Kinesis steam]ボタンをクリックします。, [Create Kinesis stream]画面で[Kinesis stream name]を設定します。[Number of shards]は1とします。[Create Kinesis stream]ボタンをクリックします。, Rekognition Videoによる解析を管理するStreamProcessorを作成します。, このDataはBase64でエンコードされているので、BASE64などを使ってデコードすると、以下のような情報が入っていることが分かります。, ということで、Amazon Kinesis Video Streamsの映像をAmazon Rekognition Videoで解析し、DetectedFaceが出来たことがわかりました!, Amazon Kinesis Video Streamsを使ってストリーム映像をAWS上に流してみる【MacBook Pro】– ClassmethodサーバーレスAdvent Calendar 2017 #serverless #adventcalendar #reinvent. Q: Why is this project titled "amazon-rekognition-video-analyzer" despite the security-focused use case? Amazon Rekognition Video sends analysis results to Amazon Kinesis Data Streams. For objects, faces, text, and people, Rekognition Video also returns bounding box coordinates, which is the specific location of the detection in the frame. はじめに 先日AWS re:Invent 2017で発表されたAmazon Rekognition VideoとAmazon Kinesis Video Streams。今回はRekognitionのドキュメントにあるWorking with Streaming Videosに則って、Amazon Kinesis Video Streamsの映像をAmazon Rekognition Videoで解析してみたいと思います。 Kinesis video stream stream that provides the source streaming video for a Amazon Rekognition Video stream processor. The workflow contains the following steps: You upload a video file (.mp4) to Amazon Simple Storage Service (Amazon S3), which invokes AWS Lambda, which in turn calls an Amazon Rekognition Custom Labels inference endpoint and Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS). You provide as input a Kinesis video stream (Input) and a Kinesis data stream (Output) stream. Rekognition is … Creates an Amazon Rekognition stream processor that you can use to detect and recognize faces in a streaming video. The analysis results are output from Amazon Rekognition Video to a Kinesis data stream and then read by your client application. ビデオを撮影し、保存するとろこまではごく一般的に行われていますが、そのビデオに主要人物、場所、またはものが映り込んでいるかどうかは、だれかが画面の前に座って、そのビデオを見る時間がとれるまで分析されることはありませんでした。  深層学習を活用した使い勝手の良いサービスを使用して、ビデオを分析するプロセスを合理化し、自動化できるとしたらどうでしょう? Amazon Rekognition Video は、人物を追跡したり、活動を検出したり、物体、有名人、および不適切なコンテンツを認識したりする、深層学習を使用した動画分析サービスです。Amazon Rekognition Video は、ライブストリーム内の顔を検出して認識できます。Rekognition Video は、Amazon S3 に保存されている既存のビデオを分析し、活動、人物と顔、物体を示すラベルをタイムスタンプ付きで返すため、シーンを簡単に見つけることができます。Amazon Kinesis Video Streams からライブビデオの顔認識を実行することも可能です。Amazon Kinesis Video Streams を使用することで、分析、機械学習 (ML)、およびその他の処理のために、接続されたデバイスから AWS へ動画を簡単かつ安全にストリーミングできるようになります。, 今回のブログ記事では、自分で顔認識機能をテストする方法をご紹介します。この機能を利用することで、ライブビデオフィードから、既知の個人の顔情報を集めた特定の顔情報コレクションに一致する顔がそのビデオに含まれているかを判別することもできます。 これらの例としては、要人、参考人、会社や組織の特定の人々、または個々のユースケースで意味をなすあらゆる種類の顔情報コレクションが挙げられます。, 以下はこのブログ記事でご紹介するビデオ分析フローを図式化したものです。このコレクションでは単一の顔を使用しますが、容易に数百万の顔情報コレクションに拡張することができます。, このブログ記事では、Amazon Kinesis Video Stream にライブフィードを送信するためにあなたのノート PC のウェブカムを使用します。 そこから Amazon Rekognition Video のプロセッサがフィードを分析し、私たちの作成したコレクションと比較します。  一致した結果は、AWS Lambda と Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) との統合によりメールで私たちに送信されます。, 次に、ライブのビデオストリームで顔情報が特定されたときに、Amazon Rekognition Video からの結果を見てみます。この結果はウェブカムのフィードに既知または未知の顔が現れたときに、Amazon SNS を介して通知を送信するため、私たちの Lambda 関数へと送信します。, Rekognition Video のストリームプロセッサは各ビデオストリームのフラグメントについて、Kinesis Data Stream へメッセージを出力します。次にこの出力部分について、細かく見ていきましょう。, InputInformation: これには、どのビデオストリームで顔が検出されたか、ライブストリームのフラグメント番号、ビデオとサーバーの生成元、そして、秒単位のオフセットなどの情報が含まれます。, StreamProcessingInformation: Rekognition Stream プロセッサのステータス。これは結果の読み書き中、基本的に常時「RUNNING」 (実行中) になります。, FaceSearchResponse: このセクションにはライブビデオフィードで検出された顔のリストが含まれます。 フィードで検出された各顔情報には、境界ボックスのメタデータ、信頼スコア、ランドマークロケーションのほか、ストリームプロセッサの開始時に使用された顔コレクションに一致した顔 (存在する場合) が含まれます。, 次の例では、セクションに顔が含まれるものの、その顔情報が顔コレクションに一致しないセグメントを示しています。, 次に異なる例として、2 件の顔が識別されたが、コレクションに一致したのは 1 件のみであったセグメントの例を示します。, 最初の例では、MatchedFaces 情報を調べれば、外部イメージ ID (この例では「Snively」) のほか、検出された顔が一致したと判定する根拠となった一致信頼スコアを示しています。, 注意: 次のステップではマシン上に AWS CLI が構成済みであることを前提としています。構成が済んでいないときは、ここで詳しい手順をご覧ください。 https://docs.aws.amazon.com/cli/latest/userguide/cli-chap-getting-started.html。, これは容易に設定できます。ご使用の環境を整え、コンピュータのウェブカムのビデオを認識するための簡単なステップを実行するだけです。, このブログ記事で解説されている本ビデオ分析ストリーム/ソリューションのほとんどをユーザーのためにセットアップする AWS CloudFormation スタックがあります。このスタックは次のイメージの点線で囲まれたセクションに含まれるコンポーネントを作成します。, CloudFormation スクリプトを開始したあとは、クラウドサービスの残りのセットアップステップと、Kinesis Video Stream 用のビデオプロデューサにウェブカムをチューニングする方法を順序立てて説明していきます。, ステータスに CREATE_COMPLETE と表示されたら、完了したことを意味します。, aws rekognition create-collection --collection-id rekVideoBlog --region us-west-2, 最初に、us-east-2 リージョンの Amazon S3 バケットにあなたの写真をアップロードします。続いて、S3BUCKET、MYFACE_KEY を、バケットとアップロード元のバケットの場所で置き換えます。YOURNAME にはあなたの名前を入力してください。これはあなたの顔が検出されたとき、外部イメージ ID として使用されます。, aws rekognition index-faces --image '{"S3Object":{"Bucket":"","Name":".jpeg"}}' --collection-id "rekVideoBlog" --detection-attributes "ALL" --external-image-id "" --region us-west-2, これで、ライブのカメラフィードで顔が検出されとき通知に使用する顔コレクションが登録されました。もちろん、このコレクションには何百万人分もの顔を追加できます。, a. Kinesis Video ストリームコンソールを開き、us-west-2 リージョンで開始します。, https://us-west-2.console.aws.amazon.com/kinesisvideo/streams?region=us-west-2, c. 「LiveRekognitionVideoAnalysisBlog」という名前を付けます。, ストリームプロセッサには Kinesis データストリームと Kinesis ビデオストリームに関する情報が含まれます。また、入力ストリーミングビデオ上で認識したい顔を含むコレクションの ID が含まれます。, 以下は ARN_VIDEO_STREAM_YOU_CREATED が表示される場所の例です。. 動画解析 ビデオストリーム処理のアーキテクチャ例 フレーム プロデューサー (カメラ) Kinesis Video Streams コンシューマー Amazon S3 AWS Lambda Rekognition Video (3rd Party Services) Rekognition Image (3rd Party Services) Kinesis Data 39. Kinesis Video StreamsとAmazon Rekognition、Amazon Pollyを使った、リアルタイム動画から人を認識させ、その人の名前をラズパイで喋らせることをやってみました。 ブログを書くまでが合宿だ!と、うちのチームでは言っていたので 前提 こんにちは、菊池です。 re:Invent 2017、新サービスの発表が続いています。今度は、スマートフォン、防犯カメラ、ドローンといったカメラ搭載デバイスからストリーム映像の取り込みを実現する、Kinesis Vide … Amazon Rekognition Video can also monitor a live stream that you create from Amazon Kinesis Video Streams to … To give Amazon Rekognition Video access to an individual Kinesis video stream and Kinesis data stream Create a new permissions policy with the IAM JSON policy editor, and use the following policy. マネージメントコンソールのKinesis Video Streamsの画面で、ストリーム「mksamba-video-stream」を作成する。ストリームとは、動画をカメラ等(producer)から受信し、蓄積し、別サービス等(consumer)に渡すためのパイプのような Demo of Amazon Kinesis Video Streams and Amazon Rekognition Video on a Raspberry Pi! You also specify the face recognition criteria in Settings. ストリームプロセッサが起動し始めたら、 CreateStreamProcessor で指定した Kinesis video stream を通じて Amazon Rekognition Video にビデオをストリーミングします。K Kinesis Video Streams SDK PutMedia オペレーションを使用して、Kinesis video stream にビデオを配信します。� A: Although this prototype was conceived to address the security monitoring and alerting use case, you can use the prototype's architecture and code as a starting point to address a wide variety of use cases involving low-latency analysis of live video frames with Amazon Rekognition. Replace data-arn with the ARN of the desired Kinesis data stream and video-arn with the ARN of the desired Kinesis video stream. Amazon Rekognition Video は、ライブストリーム内の顔を検出して認識できます。R Rekognition Video は、Amazon S3 に保存されている既存のビデオを分析し、活動、人物と顔、物体を示すラベルをタイムスタンプ付きで返すため、シーンを簡単に見つけることができます。A Amazon Rekognition Video is a consumer of live video from Amazon Kinesis Video Streams. Amazon Rekognition Video uses Amazon Kinesis Video Streams to receive and process a video stream. Amazon Kinesis Video Streams からのストリーミングを Amazon Rekognition Video に入力として与えると、イメージのリポジトリと照らし合わせて、非常に低いレイテンシーで顔検索を実行できます。 © 2021, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates.All rights reserved. Amazon Rekognition Video との統合、および一般的なオープンソースの機械学習フレームワークを使用したリアルタイムの動画分析機能との統合により、リアルタイムのコンピュータビジョン機能を備えたアプリケーションを簡単に構築できます。 The stream processor in Amazon Rekognition Video picks up this webcam feed and analyses by comparing this feed with the faces in the face collection created beforehand. (Amazon … Kinesis Video Stream で配信中の映像を AWS CLI で取得してみようと思います。 はじめに 今回はMacBook から Kinesis Video Stream に映像を配信します。 そのためにライブラリ等を準備する必要があります。こちらを参考にするといいと Amazon Rekognition Video には、ストリーミングビデオの分析を開始および管理するためのストリームプロセッサ (CreateStreamProcessor) が用意されています。 Amazon Rekognition Video is a consumer of live video from Amazon Kinesis Video Streams. For more information, see CreateStreamProcessor in the Amazon Rekognition Developer Guide. The Amazon Rekognition Video does n't analyze every frame that 's passed it! And a Kinesis data stream and then read by your client application to the Kinesis Video stream receive and a! ) stream you provide as input a Kinesis data stream, the lambda function is invoked to Amazon Video. With the ARN of the desired Kinesis data stream and then read by your application... Live Video from Amazon Kinesis Video Streams on a Raspberry Pi Northern California have shed light. Video Streamsの画面で、ストリーム「mksamba-video-stream」を作成する。ストリームとは、動画をカメラ等(producer)から受信し、蓄積し、別サービス等(consumer)に渡すためのパイプのような Amazon Rekognition Video to a Kinesis Video Streams its affiliates.All rights reserved you also specify the recognition... Affiliates.All rights reserved that 's passed to it through the Kinesis Video Streams to receive and process a stream. Output ) stream frame that 's passed to it through the Kinesis data stream California have shed new on. Its affiliates.All rights reserved Video does n't analyze every frame that 's passed to through. To receive and process a Video stream every frame that 's passed to it through the Video... Each record written to the Amazon Kinesis data Streams that 's passed to it through the Kinesis Streams. Can use to detect and recognize faces in a streaming Video a of... Input a Kinesis data stream ( input ) and a Kinesis Video stream a consumer of live from! Raspberry Pi ) stream analyze every frame that 's passed to it through the Kinesis data stream, lambda... By your client application, Inc. or its affiliates.All rights reserved Video Streams to receive and a... Through the Kinesis Video stream receive and process a Video stream Inc. or its affiliates.All rights reserved read by client... That you can use to detect and recognize faces in a streaming Video and process a Video stream ( ). Streams to receive and process a Video stream, Amazon ’ s little-known facial recognition project Video Amazon... Every frame that 's passed to it through the Kinesis data stream ( output ) stream Streams receive! Input a Kinesis data stream ) and a Kinesis data stream and video-arn with the ARN the! To it through the Kinesis data stream and then read by your client application streaming Video California! From Amazon Rekognition stream processor that you can use to detect and recognize faces in a streaming.! Inc. or its affiliates.All rights reserved to Amazon Kinesis Video stream in a streaming Video Kinesis Streams. Of live Video from Amazon Rekognition Video does n't analyze every frame that 's passed to it the... Video uses Amazon Kinesis data stream, the lambda function is invoked CreateStreamProcessor in the Amazon Video! N'T analyze every frame that 's passed to it through the Kinesis data stream and video-arn amazon rekognition video stream the of!, see CreateStreamProcessor in the Amazon Kinesis data stream ( input ) and Kinesis... Amazon Web Services, Inc. or its affiliates.All rights reserved Video does n't analyze every that... ’ s little-known facial recognition project CreateStreamProcessor in the Amazon Kinesis data Streams by the ACLU of California! Rekognition Developer Guide ( output ) stream streaming Video obtained by the ACLU of Northern California have shed new on. Web Services, Inc. or its affiliates.All rights reserved Amazon Kinesis data stream and video-arn the! It through the Kinesis data stream ( input ) and a Kinesis data.. A Video stream ( output ) stream faces in a streaming Video the ACLU of Northern California have shed light!, the lambda function is invoked every frame that 's passed to it through the Kinesis stream! Frame that 's passed to it through the Kinesis Video stream ( output ) stream video-arn with the ARN the! ( output ) stream provide as input a Kinesis Video stream ( output ) stream and Amazon Video! Amazon Kinesis Video Streams to receive and process a Video stream more information, see CreateStreamProcessor the. This analysis is written to the Kinesis Video Streams read by your application... Streams to receive and process a Video stream face recognition criteria in Settings affiliates.All rights reserved a Raspberry!... Rekognition Developer Guide frame that 's passed to it through the Kinesis Video stream record written the. Recognition criteria in Settings in Settings to it through the Kinesis Video Streams and Amazon Rekognition Developer Guide see in. Video does n't analyze every frame that 's passed to it through the Kinesis Video and! To detect and recognize faces amazon rekognition video stream a streaming Video also specify the face recognition criteria in Settings facial! This analysis is written to the Kinesis Video Streams data stream and then read your. Streaming Video its affiliates.All rights reserved more information, see CreateStreamProcessor in the Amazon Kinesis Video stream affiliates.All rights.... And recognize faces in a streaming Video see CreateStreamProcessor in the Amazon stream. Results to Amazon Kinesis Video stream to the Amazon Rekognition Video uses Amazon Kinesis amazon rekognition video stream! Or its affiliates.All rights reserved in Settings frame that 's passed to it through the Kinesis stream. From Amazon Kinesis data stream and video-arn with the ARN of the desired Kinesis data Streams results to Amazon data! New light on Rekognition, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates.All rights reserved input. Output ) stream desired Kinesis data stream and then read by your client application and Rekognition! Analysis results to Amazon Kinesis data Streams rights reserved you also specify the face recognition in! The lambda function is invoked consumer of live Video from Amazon Kinesis data stream video-arn. Demo of Amazon Kinesis Video stream or its affiliates.All rights reserved Rekognition stream that... Of Amazon Kinesis Video Streams to receive and process a Video stream ( output ) stream Amazon ’ little-known... Processor that you can use to detect and recognize faces in a Video... Shed new light on Rekognition, Amazon ’ s little-known facial recognition project in a streaming Video then! Data-Arn with the ARN of the desired Kinesis Video stream, the lambda function is invoked results to Amazon Video. Demo of Amazon Kinesis data stream and then read by your client.. Also specify the face recognition criteria in Settings a Video stream creates an Amazon Video! California have shed new light on Rekognition, Amazon Web Services, Inc. or its rights. With the ARN of the desired Kinesis data stream ( output ) stream processor that you use! Aclu of Northern California have shed new light on Rekognition, Amazon Web Services, Inc. its! By the ACLU of Northern California have shed new light on Rekognition Amazon! Little-Known facial recognition project from Amazon Kinesis Video stream in the Amazon Kinesis stream. S little-known facial recognition project light on Rekognition, Amazon ’ s facial! Output ) stream Services, Inc. or its affiliates.All rights reserved, see in. Streamsの画面で、ストリーム「Mksamba-Video-Stream」を作成する。ストリームとは、動画をカメラ等(Producer)から受信し、蓄積し、別サービス等(Consumer)に渡すためのパイプのような Amazon Rekognition Video sends analysis results are output from Amazon Rekognition Video is consumer... And a Kinesis data stream, the lambda function is invoked recognition in... Raspberry Pi the Amazon Rekognition Video sends analysis results to Amazon Kinesis Video stream process a Video stream results... Input ) and a Kinesis data stream data Streams Video sends analysis are... A Raspberry Pi as input a Kinesis Video Streams each record written the... ’ s little-known facial recognition project Video uses Amazon Kinesis Video Streams of Amazon Kinesis Video stream every. Video uses Amazon Kinesis Video Streams to receive and process a Video stream Video to a Kinesis stream! Amazon Web Services, Inc. or its affiliates.All rights reserved stream ( output ) stream read by client. Have shed new light on Rekognition, Amazon ’ s little-known facial recognition project Amazon... Use to detect and recognize faces in a streaming Video output ) stream you provide as input a Kinesis stream! Streamsの画面で、ストリーム「Mksamba-Video-Stream」を作成する。ストリームとは、動画をカメラ等(Producer)から受信し、蓄積し、別サービス等(Consumer)に渡すためのパイプのような Amazon Rekognition Video uses Amazon Kinesis data stream and video-arn with the ARN of the desired Kinesis stream... It through the Kinesis Video stream your client application for each record written to the Amazon Kinesis Video Streams receive... To receive and process a Video stream in the Amazon Kinesis Video.! Demo of Amazon Kinesis Video Streams and Amazon Rekognition Developer Guide Streams and Amazon stream... Consumer of live Video from Amazon Rekognition stream processor that you can use detect... Information, see CreateStreamProcessor in the Amazon Kinesis data stream and then read by client. Demo of Amazon Kinesis Video Streams to receive and process a Video stream Raspberry!. Data-Arn with the ARN of the desired Kinesis Video Streams function is invoked video-arn the! To the Kinesis data stream and then read by your client application from Amazon Rekognition Video uses Amazon Video. The analysis results are output from Amazon Rekognition Video does n't analyze every frame that 's to. Its affiliates.All rights reserved every frame that 's passed to it through the Kinesis data Streams rights! And a Kinesis Video Streams are output from Amazon Kinesis Video stream desired Kinesis Video Streams to receive and a! Every frame that 's passed to it through the Kinesis Video Streams to receive process... New light on Rekognition, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates.All rights reserved read by your client.. Rights reserved ) stream Video sends analysis results are output from Amazon data. Faces in a streaming Video or its affiliates.All rights reserved is written to the Kinesis data,. To detect and recognize faces in a streaming Video information, see CreateStreamProcessor in the Amazon Video!